現代人に保湿が必要なわけ

本来は、水分がにげないように皮膚の皮脂が天然のバリアの役目を一定程度果たしているのですが、年齢を重ねるにつれ皮脂の分泌量が年々減ってくるのです。

でも、80歳なのにシミもシワも少ない人もいるんです。
秋田県のとあるおばあちゃんにはびっくり!
シミもなく、しわも少なくて、80歳代というのがうそのよう。
その原因は、日照時間が少なくて紫外線を浴びないことと、冬場に雪が降って湿度が高いことだそうです。
湿度が高いとお肌がしっとりしてシワになりにくいんですね。

当然、冬場に「からっかぜ」の吹く地域ではお肌も乾燥してしまい、
美容環境としてはよくありません。
また、暖房器具や空調の発達した現代では、雪国の室内環境も「しっとり」したものでは
ありません。
更に、冷暖房器具や空調の発達によって、季節を問わず、お肌はが乾燥しがち。
現代人のお肌が乾燥しがちなのは、季節、住んでいる地域を問いません。

また、メイクや日焼け止めを落とすためのクレンジングや洗顔によって、皮脂が取り去られてしまうのも乾燥の原因。
オゾン層の破壊によって増加する紫外線下、外出したり、人とあったりするにメイクや日焼け止めなしというわけにはいきません。
これらをお肌に残しておくとよくないから、クレンジングや洗顔はしっかりする必要があります。
そうすると、その後の保湿がますます重要になるのです。

洗顔と保湿、これがアンチエイジングと美容の基本ですが、
現代においては特に保湿の必要性が高まっているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ